普段の生活の中で愛犬についての心配事といえば先ず健康問題でしょう。
結局のところ、犬のしぐさ、態度、鳴き声、皮膚や毛づや等、外見からしか体調を判断しづらいわけですから健康そうに見えても実は本人(本犬)は何かの病気だったなんて事も考えられます。
症状がでて初めて人間が気付く場合も多いと思います。

良く直面する犬の健康問題を一部抜粋して見ました。かなり専門的な内容もありますが参考になればと思います。

救急疾患に対する処置(負傷犬の処置)

  • 犬に意識があれば、動かないように押さえる。(小さめのゲージに入れるのも一つの方法)
  • 脈拍を数える。親指と残りの指で胸をはさみ、下から三分の一のところをそっと押さえる。(股動脈も可)
    通常、脈拍は約70から160回/分犬の呼吸数を数える。胸又は腹が、ふくらんで・へこんで1回と数える(16から20回/分)
  • 出血の有無を調べる。体のすべてを調べ、出血の一番ひどい所を止血する。
  • 犬の口に火傷や着色が見られたり、中毒(薬剤等)の場合は、獣医師に連絡を取り、指示に従う。
  • 犬が意識を失っているか、反応のない場合は、保温をして獣医師に連絡を取る。
  • 骨折の場合、骨が露出している場合には、直接圧迫法で出血を止め、傷口を大きい清潔なガーゼか布で覆う。傷口を洗ってはいけない。

中央ケネル事業協同組合連合会

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL:03-3254-3456 FAX:03-3254-3457
http://www.ckc.gr.jp/

<ACC>アジアキャットクラブ

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-1
ノルン秋葉原ビル4F
TEL:03-3254-3455 FAX:03-3254-3457
http://www.asiacatclub.com/

トップに戻る